住まい手の皆さんからのお便り

住まい手の皆さんから頂いたお便りです。
レビュー(自由工房の評価)のような形でこのページをつくりましたが、頂いたコメントは私達が進めている家づくりを応援してくれているようでした。
家づくりを検討されている皆さんの背中も、押してくれるのではないでしょうか。

まいなおりょうのいえ

ホームページで素敵な事例の写真を見て家の設計をお願いしたいと思いまして、ギャラリーでの展示会中にお話を伺いに行ってみました。  こちらは全く白紙状態でしたが石田さんは丁寧に話を聞いて下さり、一から相談にのって下さいました。話をしていて気持ちの良い方で信頼できると感じお願いすることにしました。  打ち合わせの度に次々とアイデアを出して下さり驚かされながら毎回楽しませてもらいあっという間だったように思います。  完成した家は少しも気に入らないところがなく、過ごしやすく素敵な家に住める事を日々有り難く感じます。  石田さんの誠実で穏やかでポカポカと温かいお人柄は、そのまま家づくりにも現れていると思います。  ありがとうございます。

 

すてきなお便り、ありがとうございます。
毎年、大道芸の時に開催している「家づくり展」で初めてお会いしましたね。
その時はまだ、土地も決まっていませんでしたね。だけど、翌月には候補地が見つかり、素案づくりがはじまり、翌々月には設計契約…。とんとん拍子といいますか、とてもスムーズに家づくりが進んで行きましたね。maiさんは、迷いがないと言いますか、どっしりしていると言いますか、本当は不安なこともあったと思うのですが、すべて委ねて、託してくれていたようでした。そう言えば、打合せは、いつもみなさんの笑顔に迎えらてから始まっていたなぁなんて、思い出しました。楽しかったですね。
これからも、メンテナンス等よろしくお願い致します。

 

しもあおじまのいえ

2016年秋から介護のために群馬の実家で過ごすことになり、母の老いを目の当たりにして、自身の老後に向けて長年にわたり懸案だった自宅のリフォームを実行することにしました。 ブログ「ぎゃらりー金木犀」のリンク先である自由工房に連絡を取ることから始まり、1年間月1回の打ち合わせのために群馬と静岡を往復しながら、メールのやりとりで何とか乗り切った、という感じです。 当初、減築リフォームの予定でしたが、建て替えに変更し、結果的に良かったと思います。 1年余り住んでみて、希望どおりのシンプルでコンパクトな住まいは、使い勝手が良く、居心地の良さを実感しています。

 

お便りありがとうございます。
はじまりは、「ギャラリー金木犀」だったんですね。
減築リフォームを提案して工務店の見積まで取ったのですが、費用をかけても性能や機能、仕様など納得行く計画にならず、建替えを再提案しましたね。
不安になられたこともあったかと思います。信頼頂き、ありがとうございました。
それまでの暮らし方をベースにした建替え案で、玄関アプローチや庭をそれまでのように使うことができたので、「リフォームのような新築」になったのかもしれませんね。

 

うとうのいえ

東京で暮らす娘さんから届いた嬉しいお便りです。
『東京に越してから、子どもの学校行事の都合でなかなか実家に行くこともままならないのですが、帰った時にはまず初めに木の香を吸い込んで、それからどこにも出かけずのんびり寛いでいます。子どもたちも、どこもかしこも自分の居場所のように自由に過ごしていますよ。居心地の良い家を考えてくださって、感謝しております。』

 
 

まがりかねのいえ

石田さんには本当にお世話になりました。設計段階の時は仕事で海外に駐在していましたが、なんとパソコンを使ってビデオ電話で打合せをしました。細かなところまで親切に対応くださり、お陰様で私も家内も大満足の家が出来ました。住めば住むほど木造住宅の使い易さが分かり、そして味が出て、これから末永く住むのが楽しみな家になりました。

 

あたたかいお便り、ありがとうございます。
スカイプを使ってのお打合せ、懐かしいですね。時差を計算にいれながら、海の向こうという感じではなく、隣の部屋にいるような感じでお打合せしました。お引渡しをして5年。気持ちよく暮らして下さっている様子をレビューして頂きうれしいです。メンテナンス等気になる点がございまいしたらご連絡下さい。引き続きよろしくお願いします。

 

じゅんのいえ

奥様からいただいたお手紙です。

※画像をクリックすると大きく表示されます。

 
 

あやのいえ

娘さんが送ってくれたバレンタインのチョコレートとお手紙です。

※画像をクリックすると大きく表示されます。

 
 

ひびきせいたはうす

息子さんたちがくれたかわいいお手紙です。

※画像をクリックすると大きく表示されます。

 
 

ぎゃらりぃ金木犀

定年後の人生設計として、妻の絵画作品を展示するギャラリーを持ちたいと以前から考えていました。具体的には、今住んでいる住宅をリフォームしてギャラリーを作ることと、二人になった住まいで快適に過すこと、さらに築年数の関係で耐震工事をする、ということでした。 そこで雑誌やネットで設計事務所を探したわけですが、僕達の感性にヒットしたのが「自由工房」でした。その後、設計士の石田さんと会い、人柄にも信頼性を感じ、お願いすることにしました。 仕事に対するポリシーは強いものを持っておられますが、とにかく僕達の意見を熱心に聞いてくれた事や、遠くまで足を運びギャラリーを見て回られたことに、仕事に向き合う姿勢と誠実さを感じました。 工期は予定より少々延びましたが、出来上がりにはとても満足しています。10年経った今でも、来られるお客さま方に褒めていただいています。

 

お便りありがとうございます。
もう、10年になりますね。
当時は、「終のすまい」や「ギャラリー」について、いろいろ迷ったり、考えながら設計していたと思います。お二人の要望が的確で、筆で書いたスケッチで出てきたり、助けられました。設計、楽しかったです。
住みながらの改修工事になり、かなりのご不便をお掛けしたのに、「キャンプみたい!」なんて言いながらいつも笑顔でした。お二人に応援されているようで、職人さん達も頑張って楽しみながら作ってくれましたね。
完成後もそのまま、変わらず、楽しく、お付き合いさせて頂いています。

 
PAGE TOP