もちの木のあるいえ

もちの木が印象的な築100年を越える民家。土間のわきに田の字の間取りを持つ典型的な民家を、2世帯が暮らす住まいとして再生しています。
住まいをゆるやかに囲みながらゆったりとアプローチできるよう、塗り壁の塀を配置しました。小さな玄関を土間の手前に緩衝帯として設け、土間を家族みんなが気軽に過ごせる食堂、キッチンに改修しています。田の字の間取りは、部屋の構成を大きく変えずに、建具等を工夫しながら、各世帯の個室として利用できるようにしています。

静岡県静岡市
専用住宅 木造1階
2007.1完成
施工:㈱山崎工務店
写真:アトリエR 畑亮

 
 
PAGE TOP